実績や経歴も平気で偽る情報商材屋

販売サイトには素晴らしい実績や経歴などを書き記している情報商材の販売者なども、実はこれらが嘘偽りだったということは珍しくありません。

簡単にすぐに信じ切ってしまうと騙されますので、しっかりと疑うことが大切です。

「言ったもの勝ち」の詐欺業界

情報商材業界には、自身の過去の実績や経歴などを平然と偽る連中が沢山存在します。

こうした連中が販売サイトに全くの嘘を書いてあたかも大金を稼ぎだしているなどという根拠のない主張を書き記していることが珍しくありません。

一例を挙げますと、以下のようなものです。

・「毎月200万円を一気に稼ぎだすアフィリエイター」

・「せどりで月収1000万円を稼ぎだす驚異の手法を発見しました!」

・「極貧から這い上がり、現在はセミリタイア生活を満喫しています」

おそらく一度は見かけたことがあるかもしれません。

しかし、こうしたものは実際信ぴょう性が薄いと感じるのは私だけではないはずです。

おそらく大半の人たちが

「こんなもの詐欺だろう!」

・・・と感じてしまうと思います。

結論から申しますと、その感覚は間違いなく正しいです。

むしろ疑いもせずこうした主張を信じてしまうと、騙されてしまうことになります。

この情報商材業界の人間たちの語る実績や経歴などというものは、実際殆ど簡単にねつ造できてしまいます。

私自身がかつてそうだったので、本当によくわかるのです。

ねつ造方法は至って簡単です

ではどうやって実績などを偽るのかといえば、簡単な事です。

セールスレター(販売ページ)上で、ただひたすら前述の「○○○万円を稼ぎだしました~」などと吹聴すればいいだけです。

これでねつ造が完了します。

つまり、販売者が月収が500万円に達してなどいなくとも、販売ページ上で月500万円を稼いでいますと言えば、消費者に対するアピールになるのです。

実績など何もなく、過去の収入の証明となる証拠などを何一つ提示できなくとも、これだけで実質的には詐欺の準備は完了します。

特に過去の即金系などは例外なくこうした大金を楽して稼いでいますアピールをし、数十万円やら数百万円を稼いでいますなどという嘘を書き、詐欺商材を売りつけていたものですからね。

経歴やライフスタイルも平気で偽ります

また、金額などの実績だけでなく、過去の経歴などもねつ造する連中が後を絶ちません。

たとえば以下のようなものです。

「昔は私も底辺の敗北者でした。高校を出てからも仕事をせず遊びほうけ、借金を重ねてどん底にいました。しかし、あるノウハウと出会い人生が激変しました。

それなので今度はみなさんをお助けするために、私がこのお金のなる木を有料でお売りしたいと思います。

お金と自由な時間を手に入れて、完全なセミリタイア生活を送りましょう!」 

by詐欺商材の作者

およそこんな作り話です。

底辺の人間が逆転したという嘘をつき、同じ境遇のお金のない人からお金をだまし取る算段です。

ちなみに、こうした情報商材の販売者は実際は底辺などではなく、真っ当な仕事をきちんとしていたというケースもあるそうです。

つまり、底辺ではないのに借金まみれだ何だと嘘をついて、情報商材を売りさばこうとするのです。

醜い限りですが、こんな連中も大量にいますので一層の注意が必要なのが情報商材業界なのです。

生活に困っている人の力になりたいなどと言いながら、高額な情報商材を売りつける時点でおかしな話ですがね。

実際こんな詐欺師どもが無数に次から次へと湧いて出てきてしまう業界なのです。

ダイエット商材でも医療系でも、原理は同じ

また、補足としてこうしたねつ造というものは、何も稼がせます商材に限ったことではありません。

健康を取り扱った情報商材でもそうですし、病気の治療方法や、コンプレックス系(異性から好かれない)などの情報商材全てに共通する負の側面です。

ダイエットなどであれば、大抵実績などといっても画像などを持ち出してきますが、実際は全く別人の最初から痩せていた人物の画像をただ有料で撮影しただけだとか、そんなものもあります。

病気の治療方法などにしても最初からどこも悪くない健常者だったのに、病気から回復したのでそのノウハウを売りますなどという人間もいますからね。

つまり、この世界は

  • 事実無根でも言ったもの勝ち
  • 派手に広告宣伝だけしたものが得をする

本当にこんな世界なのです。

誤解を生まないように申し上げると、確かに本当に作者が信頼できる証拠などを嘘偽りなく提示している場合も少数ですが存在します。

しかし、私の経験上そんなものはごく一握りで、圧倒的多数の人間らが嘘ばかりをセールスレターで書き並べ、くだらない商材を売りつけていたという記憶しかありません。

情報商材業界全体に存在する風潮として、この部分は決定的な闇だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です