高額塾の深刻な詐欺被害

情報商材の中でも2010年以降、高額塾と呼ばれる詐欺商材が増えています。その名の通りとても高く、10万円どころか20万円ということも珍しくありません。

私の知る限り、高いものであれば50万円・100万円などという商品も存在します。

しかし言うまでも無くこれらは殆どが問題ばかりの詐欺でしかないことが圧倒的に多く、深刻な問題となっています。

詐欺師の自由なライフスタイルを応援してしまうゴミ商品

高額塾というのは分かりやすく言うならば、数十万円程度のバカ高い費用を購入者に負担させる代わりに、情報商材の販売者が更に優れたサービスや会員サポートなどを付けて成功させますというものです。

例えば以下のようなものが代表的です。

  • 個別の電話サポート
  • 限定の会員制サイトの使用権利
  • 稼ぎを増やすパソコンで使用するツール(道具)の提供

こうしたものを付加価値として有料で提供するというものです。

一見すると至極真っ当なサービスのように思えますが、実はそんなことは全くないという事が殆どなので近年では高額塾の被害相談なども絶えることがありません。

実はコレ、何という事はない販売者が楽して金儲けしたいが為のインチキなクズ商品だという場合が殆どすべてなのです。

中にはごくまれにまともだったということもあるかもしれませんが、私自身の経験上は1つも高額塾が正当な商品などを提供していたなどということは1度もありませんでした。

つまり、購入者が楽して稼げるようになる方法を教えて購入者を自由にするのではなく、販売者(詐欺師)が楽して儲かりたいのでそのために売られているというのが実態です。

情報商材のさらなる悪質進化形

いうなれば情報商材が悪い方向にさらに発展してしまったものが高額塾であると言えます。

補足ですが、高額塾で成功した事例などというものがセールスレターでもよく登場したりします。しかし、こうした成功者なる人物のほぼ全てがやらせです。

つまり実在しえない単なる作り話で、ねつ造した実績を販売者が宣伝しているにすぎないという事です。

「この高額塾のおかげで成功できました~!」

「有り得ないほどの至れり尽くせりのサービスばかりで、楽して稼げましたね」

「これでダメならネットで稼ぐなんてあきらめた方がいいですよ」

こんな言葉が販売サイトにゴロゴロしていることも多々ありますが、信じないようにしましょう。

高額塾などは詐欺師も入念に手を加え、お金を出して成功者を演じてくれる人間を販売ページに掲載するなどの姑息な手法を平然と使ってきます。

そうでもしないと簡単に買ってくれる人間は出ないからです。ただでさえ不透明な情報商材なのに値段が30万円などという超高額なのですからね。

さらなる悪質商品である高額塾に騙されないためには、こうした意識を持たなければなりません。商材価格=価値(内容)では無いのです。

高額塾だから商材アフィリエイターが沢山群がる

ここでもう1つ重要なポイントがあります。

それは、情報商材アフィリエイターたちはこうした高額塾を中身もロクに確認することなく執拗にブログやメールマガジンなどでアフィリエイトしたがります。

もう簡単にお判り頂けると思いますが、連中の目的は高額塾のアフィリエイト報酬を得ることです。

 

高額塾というのは情報商材よりもさらに馬鹿高いので、当然ながらアフィリエイト報酬も相当高く設定されることは珍しくありません。

それこそ1件売れれば7万円や10万円といった、超高額の報酬が商材アフィリエイターに還元されることになります(全てがそうとは言えませんが)。

それなので、悪質な高額塾であっても自分の財布の金だけが増えればいいなどと考えるような詐欺師アフィリエイターたちが、一斉にこうした高額塾を代理販売することも普通にこの業界はあります。

というよりも、そんなことばかりなんですよ。8年前後この業界と関わってきた私自身が感じた実感としましては。

醜いとしか言えないまさに詐欺産業の裏側なのですが、これが真実です。

値段相応の価値など無いことは同じ

この高額塾というものはただでさえ2万円や3万円もするような情報商材よりも、さらに10倍や20倍ほども高額ということになります。

庶民感覚からすればその超高額とも言える商品ならば、本当にすごい内容だと期待したくもなりますよね。私もかつてはそうだったのでお気持ちはよくわかります。

しかし、くどいようですが絶対に止めて下さい。殆どが役に立たない詐欺商品ばかりです。

高い商品の方がより良い結果を得られると思いたくなる、人間の心理効果を利用した単なる詐欺なのです。

 

私の知る限りではこうした高額塾を買うために、借金を背負ってまで購入してしまう人も中には存在するほどです。

しかしそうした方は後になって後悔するだけだったというのが実態です。借金だけが残り、真剣に実行しても何一つセールスの時と同じ結果を得られた人間は存在しなかったという事例は山ほどあります。

騙されてお金を詐欺師に渡してしまったあとでは、お金を取り戻すという事は難しくなってしまう場合が決して少なくありません。

情報商材全般に言えることですが、騙されない為には高額だから良いものを売っているなどと思わないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です