知らない間に高額の月額課金がされていたということも

情報商材を購入した後に、知らない間に高額のお金を毎月課金されていたという問題も少なくありません。

実際私もかつて経験しておりますが、これも詐欺師がよく使う手法ですので気を付けましょう。

情報商材屋にみすみすお金を寄付してしまうことにもつながってしまうからです。

「販売サイトに書いていた」と言い張る連中

はい、これはどういうことかといえば簡単です。

情報商材を買った後にメール配信スタンドや秘密の会員サイトへの自動登録を販売者にされており、消費者が殆ど知らない間に毎月数千円~数万円という大金を失っていたというパターンです。

つまり、消費者が殆ど知らない間に月額課金を販売者にされていたというケースです。

勿論、サプリメントなどの定期配送を前提とした月額課金サービスは現代では珍しくありません。

したがって、これだけで詐欺だと言うつもりは全くありません。

しかし、こうした月額課金を行うという表記をとても分かりづらい部分に小さく書いておきながら、「ちゃんと書いていましたよ」などと居直る詐欺師が少なくないのです。

ほぼ完全な騙し売りとも言える形ですが、詐欺商材屋はこうしたことも平然と行う事で有名です。

例えば、私が経験していたものであれば以下のようなものがありました。

特殊なメールマガジン配信スタンドの利用権利を商材の購入者に与えるというものですが、これは購入から3ヶ月後に自動で登録されてしまうという落とし穴がありました。

勿論、よくセールスレターを見直すと確かに書いてはありましたが、小さい文字で分かりづらい上に、自動的に課金されるということが明らかに隠されているような状態で、明記されていなかったのです。

そして私は3か月後、ネット銀行の利用明細に書かれていた1万5千円という文字を見て明らかにおかしいと思い、即座にそんなものの利用は中止すると販売者側に連絡したことがありました。

他の方の事例では、情報商材購入後すぐにおかしな会員サイトに登録され、毎月5000円程度の金額をしらずしらずの間に課金されていたというトラブルもあったほどです。

こうしたトラブルが情報商材業界でも少なくないのです。

楽して金儲けをしたい連中がよく使う姑息な手法

通常のまともなサプリメントや健康食品の定期配送などであれば、必ずといっていいほど分かりやすく毎月継続しての申し込みを行うことに同意しますなどの表示があります。

以下、サンスター社の青汁の継続課金(定期配送)を転載しております。

かつては私もよく利用させて頂いておりました青汁です。


引用元サンスター粉末青汁

非常に分かりやすいでしょう?

定期お特便、つまり月額自動課金だということをこのような形で消費者に明記しているのですから、真っ当なのが一目瞭然です。

しかし、情報商材はこうした決済リンクの近くに継続課金の申し込みに同意しますなどという表示をしていない場合が圧倒的に経験上は多いのが特徴です。

消費者からするともう完全な詐欺だと思われて当然ですね。

ですがこうしたことを行う奴らが大量に存在していたのが実態です。

中には良識ある人も

ちなみにたった1人だけでしたが、良識ある情報商材の販売者も存在しました。

「メール配信スタンドの月額課金が来月から始まりますので、使用しない方は今のうちに使用停止手続きをしてください」

・・・というメールをわざわざ1か月前から送って下さった方です。

少なからずまともな販売者もいますので、こうしたサービス(月額課金)を情報商材に組み込んでいる販売者が全て詐欺だとは断言はできません。

ただし、あくまでも本当に少数なので気を付けて下さい。

私の知りえる限り、継続してお金を取り続けるようなものを特典などとして商品パッケージにして販売しているものは、殆どが信用できないからです。

購入するのであれば、それこそお金をだまし取られないようにセールスレターを隅々まで読んでから購入するなどしないと、簡単に詐欺師の餌食になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です