情報商材詐欺の返金方法と証拠収集の方法など

情報商材の詐欺被害に対しては、まず徹底して泣き寝入りせず、被害者が返金を勝ち取ることを意識しなければなりません。そのうえで、情報商材販売者とASP・アフィリエイターに対し、特定商取引法や消費者契約法などの各種法律に反しているという証拠資料を集め、詐欺を証明することがとても大切です。