「無料プレゼント」という言葉に騙されないで

情報商材詐欺に騙されない為に重要なことの1つとして、無料プレゼントというものに騙されないようにすることが挙げられます。

これはどういうものかというと簡単で、詐欺の入口ともいえる詐欺師の手口です。

無料で稼ぎの秘密などを公開しますので、あなたのメールアドレスをこちらに教えてくださいというものです。

いわゆる無料オプトインという手法なのですが、情報商材の詐欺師たちはこの手法を非常によく使ってきます。

無料というのは見せかけだけ

こんなものをあなたも一度はもしかすると見たことがあるかもしれません。

「今なら無料で稼ぎの秘密を大公開!」

「騙された人をタダで救済するビジネスノウハウを教えます!」

「秘密の副業を今だけ完全無料で動画でプレゼント」

 

 

こんな文言がちりばめられているサイトが未だにやはり存在します。

ですがそうした無料でプレゼントとか書いているサイトには、ほぼ間違いなくこうしたメールアドレスの登録フォームが設置されていたりするのです。

 

私自身も経験がありますので断言できますが、こんなうたい文句でメールアドレスを収集している連中がしっかりと稼げるノウハウを約束通り提供してきたことは過去に1度もありませんでした。

ではこうした無料オプトでメールアドレスを集めている人間の真の目的は何でしょうか?

・・・はい、そうです。稼ぎの秘密を無料で大公開することなどではありません。

殆ど詐欺でしかない高額商品(情報商材)を売りつけることが目的なのです。

一度でもこうしたフォームにアドレスなどを登録してしまうと、その後まず無意味な動画などが送られてきます。しかしその無料で見られる動画などには稼ぐノウハウなど収録していません。

こうしたことが大体5日~7日程度続き、同じような時間の無駄でしかない詐欺師仲間の対談映像などが送られてきて、最後に待ち構えているのがセールスです。

 

「私たちが貴方を楽して稼がせますので、この商品を買ってください!」

「これならば絶対に成功できます」

「あなたの幸せな人生をつかみ取って下さい!」

このようなばかげた言葉を並べて、インチキ詐欺商材を売りつけてくるのが無料プレゼントオファーの実態なのです。

プロダクトローンチという手法ですが、これで多くの人が騙されてしまいやすいのです。

被害金額が跳ね上がってしまう理由の1つ

そしてもう1つの問題点として、こうした無料オファーを装った情報商材詐欺というのは実は非常に近年ではその商品価格が高騰しています。

つまり、詐欺商材の売値がとても高く設定されることが非常に多いということです。

例えば私が実際に過去に購入してしまったものでは17万円や、中には最高で30万円などというものもありました。

他人の事例でいうならば、それこそ70万円や100万円などというセールスをかけられ、お金をだまし取られてしまったという方もいらっしゃいます。

このように、非常に詐欺被害の金額が情報商材よりもさらに跳ね上がってしまう傾向が非常に高いのです。

情報商材自体がそもそも内容など皆無のようなゴミ屑商品であることが殆どなのですが、無料オファー(アドレスを集める準備)と高額塾などとの併用を情報商材の詐欺師はとても多く使います。

だからこそ騙されてしまった場合の被害が相当深刻になってしまうことが後を絶ちません。

騙されない為にも

騙されないために大切なことは、こうした無料で稼ぐ秘密を全て教えますなどというサイトの売り文句を全て真実などと思わないことがとても重要です。

詐欺師の言う稼ぎの秘密というのは、言い換えれば人を騙して稼ぐ方法を教えますというものですからね。

そんなものを知ったところで善良な市民が実行できるはずがありません。

実行できるのは同じ品性のかけらもない悪辣な詐欺師くらいのものです。

なお、念のために補足しておきますとこうした無料オファーなるものが全部詐欺とは限りません。中には無料でも本当に質の高い情報やサービスを提供している事業者も一定数存在するのは確かです。

そもそも無料サンプルという手法はオフラインでも普通に使われている手法ですからね、サプリメントでも化粧品でも、食料品でもそうですが・・・。

ただ、インターネットを使っての情報商材を絡めた詐欺師連中がこうした手法を悪用しすぎたので、

無料プレゼント=詐欺の準備段階

という認識が広まってしまったというだけのことです。

くれぐれもこのページを読んでくださっている貴方は騙されないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です