情報商材詐欺師はテレビに出ることもある

情報商材販売者(アフィリエイターも含む)の中には、テレビなどのメディアに出演した経歴がある人間も存在はします。

20代~30代という若年で相当な収入を得ることができた成功者として報道されていたものです。

テレビなどに出ているとついつい信じたくなってしまうかもしれませんが、何の安心材料にもならないので注意が必要です。

犯罪者が面白おかしく出演しているだけだと思うべき

この手の人間たちがテレビなどで成功者気取りで放送されてしまうと私も正直日本のメディアの質というものを疑わずにはいられなくなってしまいます。

というのも、過去に放送された番組などを思い返してみても、テレビ局はこうした情報商材の販売者などの稼いだ金額しか注目していないからです。

 

わかりますか?

どんな内容でそれだけの大金を稼いできたかという中身を全くメディアが公開していないことが殆どなのです。

それなので、何も知らない人々からすればこうした情報商材屋がテレビに出ていると無条件で信じてしまうことが決して少なくありません。

ですが、それは絶対に止めて下さい。

こうした情報商材屋はテレビなどに出ているときは真っ当な方法でお金を得ているような素振りを見せますが、実態はほとんどが詐欺でお金をだまし取っているだけです。

過去に何度も解説済みですが、その稼ぎの方法というものが情報商材ビジネスです。

「最新のせどりノウハウを全公開!これであなたもお金持ち!」

 

 

「楽して大金を掴む方法を教えます!」

 

 

「○○塾を募集します。アフィリエイトで楽して稼ぐ方法を教えます!30万円」

こうした内容の情報商材などを直接自身で制作して販売、もしくは同じ詐欺仲間などの高額塾などをアフィリエイトするなどで大金を得た連中が圧倒的に多いのが特徴です。

私自身も過去にテレビに出ていたという情報商材屋の高額塾などを購入したことがありますが、結論から申しますとあまりにも低品質すぎてお話になりませんでした。

そもそもとして稼げるような内容などではなかったにも関わらず、販売サイトでは明らかに実際の商品内容とは異なったものを売りさばいていたのです。

ちなみに、こうした自称成功者のテレビ出演をしたことがある情報商材屋などは、基本的に大量のメールマガジン購読者などを殆どが例外なく所有しています。

それこそ数千人や数万人、中には10万人以上の購読者数をかかえる人間もいますからね。

つまり、メールマガジンの購読者に対してこうしたゴミクズのような高額インチキ商材などを大量に売りさばいたりアフィリエイトするなどすれば、実際は瞬間的に数百万円や数千万円などを稼ぐことはできるのです。

逆にこうした手法を用いなければ、20代~30代程度の個人が簡単にあっという間にお金持ちになるなどということはほぼ不可能です。

情報商材ビジネスが億万長者製造ビジネスなどと呼ばれた所以も、結局はここにあるのですよ。

メディアが犯罪者の片棒を担ぐこともあります

ネオヒルズ族などという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

前述の若年層がインターネットを活用してあっという間に大金を稼ぎだし一躍有名になったという番組もかつて存在しました。

20代くらいのネオヒルズ族が高級クラブかどこかでタバコを吸いながら大騒ぎをしていたような映像だった記憶がありますが、腹立たしい限りです。

このネオヒルズ族がどうやってお金儲けをしていたのかといえば、その実態こそが悪質な稼がせます商法ですからね。

毎度おなじみで恐縮ですが、本当に情報商材屋が稼いでいる秘密などはこんなものくらいしかありませんので仕方が無いのです。

 

 

特にその中には高級車などを見せびらかしたり、高級タワーマンションなどに住んでいたりなど優雅な生活を全面的にアピールしていたような人間も存在しました。

しかしこうしたネオヒルズ族は20万円や30万円もする高額塾の販売などで消費者から不当にお金をだまし取っていたということが非常に問題となり、悪評が絶えませんでした。

結局は情報商材業界に詳しくない人々を対象に、無価値な詐欺商材・高額塾(セミナー)などを売りさばいて財を成したというだけです。

実態は犯罪者であって成功者などではありません。

私が今回強くお伝えしたいのは、日本のテレビなどがこうした犯罪者を成功者などとして報道している現状を異常だと認識し、安易安直に信じないことが重要だという事です。

例えば、パチンコ業界なども事実上は違法賭博でありながらも日本では平然と野放しにされ続けてきました。

 

しかし、大手のテレビ局はこのパチンコ業界から多額の広告資金を提供されていますので、パチンコ業界の存在を糾弾するような報道は殆ど出てこないことなどを考えれば、実態がわかります。

私から言わせれば、情報商材屋などを成功者などとして面白おかしく報道する時点で犯罪者の片棒を担いでいるようなものなのです。

メディアも同罪だということです。

詐欺師が騙しやすくするための手段でしかない

ここまでご覧いただいてお分かりいただけると思いますが、テレビなどに出たことがあるという事実は実質的に何の安心安全も担保しません。

こうしたものを実績としてセールスレターなどで大々的にアピールしているような情報商材などが信頼できる真っ当なものだとは決して思わないで下さい。

詐欺師は消費者に高額塾などを売りつけたいので、安心を特に前面に押し出すことが少なくありません。

その材料の1つとしてテレビ出演実績などが使われるというだけです。

アフィリエイトなどのネット副業で稼ぐにしても、詐欺師の高額塾などよりも優良で質の高い情報などは書店やインターネットなどに今はゴロゴロしている時代です。

ましてや上手い話などは存在しませんので、絶対にこうした実績に流されないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です