ランキングや売れ筋商材も信頼材料にならない

情報商材のベストセラー商品や、ランキング上位商品なども安易安直に信じないことが大切です。

実際、こういったものは移り変わりすることは珍しくありませんし、詐欺的なものも多いからです。

私自身がかつて騙された経験も踏まえてお伝えします。

詐欺師が仲間うちで推薦・広告を出しあえば簡単

情報商材のランキングというものは、主に以下のようなものです。インフォトップの一部をそのまま掲載させて頂いております。

 

こんな画面です。

そして、こうしたランキングなどに上位で確認できるので安心して情報商材を買ってしまい騙されるということも少なくありません。

「ランキング○位で売れていました!」

 

「安心して買ってくださいね~、この情報商材ならばお勧めです!」

 

「インフォ○○で愛され続けている情報商材」

しかし、実際はこれらは何も安心材料にはなりません。

なぜかというと詐欺仲間同士でネットワークをつかい、詐欺商品の広告を出しまくったりすればランキング上位になることなど別に難しく無いからです。

例えば、ある詐欺師Aが新しい高額塾(詐欺商材)を新しく販売したいとしますよね?

その場合、単独で詐欺師Aだけが商品を広告宣伝・販売するということはまず業界ではありえません。必ずと言っていいほどその周辺の詐欺師たちが動きます。

詐欺師Aが他の大御所などと呼ばれるインフォプレナー(販売者)や情報商材のアフィリエイターにお金を出すなりして広告宣伝をかけるからです。

そうすると、この詐欺師Aの高額塾はあっという間に数千人どころか数万人、数十万人の見込み客(カモ)に存在が知れ渡ることになるのです。

こうすれば、情報商材ASPのランキングで上位に食い込むなど簡単にできてしまうのです。

大御所と呼ばれるインフォプレナー(殆ど詐欺師)のメールマガジン購読者数は、私の知る限り数千人どころか数万人という人間は大勢います。

それどころか中にはメルマガの購読者数が10万人~30万人ほども存在するという販売者・アフィリエイターも存在します。

 

もうわかりますよね?

これらを駆使すれば詐欺師Aの高額塾などというものも実際は簡単に売りさばくことが出来てしまうのです。

実際、この手の情報商材の販売ページには推薦者の声という名目で、ほかの情報商材業界の販売者たちがこぞって推薦文を書いているなどということが多々ありますよね?

あれが何よりの証拠なのですよ。詐欺師には詐欺師のネットワークがありますので、これらを使いあたかも素晴らしい商品を売っていますなどというアピールをしているのです。

しかし、こんなものをアテにしてはいけません。騙されてしまいますからね。

大炎上した詐欺商品も普通にあります

そしてもう1つの重要なことは、こうしたランキング上位になった商品であっても、詐欺でしかなかったということは過去に幾度となくありました。

前述のとおり、詐欺師たちが広告などを使いまくって商品を一斉に宣伝してしまえば、セールスレターでさえ上手いことを言っていれば簡単に売れてしまうのです。

何万どころか何十万、数百万人という大量の見込み客に対し、一斉に商品の販売をかけられるだけのメルマガ購読者などが存在するからです。

私が購入したものもそうですが、インフォトップでランキング1位に食い込んでいた高額塾だったにも関わらず、実態は詐欺以外の何物でもなかったということがありました。

当時業界でも相当稼いでいた大御所のアフィリエイターや販売者らが全面的に推薦していたものだったので、私も疑うことなく信じ切っていました。

せどりの高額塾でしたが、それが本当にひどい詐欺の高額塾だったのです。勿論、これはランキングであっという間に2位や1位になっていたものです。

本当にこんなものなんですよ。ランキングだの売れ筋商材だの、そんなものを信じていると簡単に騙されてしまうことになります。

売れているから安心だとか、大勢から支持されているから素晴らしいノウハウだなどとは決して思わないで下さい。

大衆は常に間違っているという偉大な格言もあるほどですからね。

一般書籍を超える情報商材など殆ど存在しないことからも、この業界の常識は一般社会の非常識だといっても過言ではありません。

詐欺師にそそのかされないように気を引き締めて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です