特定商取引法

特定商取引法というのは、消費者と事業者(販売者)の間で問題・争いになりやすいような部分を明記し、消費者の利益が不当に侵害されることを防止するために存在する法律です。